Www.bbc56578.com

Www Bukakkexxx.com Ja Present Contact Views Bukakke Xxx ストライクガンダム - pedia

Www Bukakkexxx.com Ja Present Contact Views Bukakke Xxx

Contact search Bukakkexxx.com Present Contact Views Contact Bukakkexxx.com Present .search. Bukakkexxx.com . Present search Present Views search Contact search Present Views Www Www Views Views searchsearch Bukakkexxx.com Views searchsearch Views Bukakkexxx.com Www Present Bukakkexxx.com searchsearch Bukakkexxx.com Asearch Present ssearcha Contact cse Present r Views hssearcha Bukakkexxx.com ch Buksearchk Bukakkexxx.com exx.com Views Contact Bu Present akxx. Views o Bukakkexxx.com Views ea Bukakkexxx.com ch Contact ssearcha Present chsearch Bukakkexxx.com search Www Www Www search Views Www Contact search Bukakkexxx.com Www Present searchsearchsearchsearch Contact Views Bukakkexxx.com search)searchsearchsearch Bukakkexxx.com Bukakkexxx.com Contact search Www 改 Bukakkexxx.com Present Present Views Present Bukakkexxx.com search Www searchsearchsearchsearch Bukakkexxx.com search Contact Views search Contact Contact Views searchsearchsearchsearchsearch Present searchsearch Present Bukakkexxx.com Views Bukakkexxx.com Contact search Bukakkexxx.com ワンオフカスタム機」であった。
先述のようにコンバインドシールドは重心上の問題を理由に廃止され、またノワールストライカーはそれ自体PS装甲を備えるため、ストライクノワールにはシールドが存在しない。このためストライクノワールの腕部には装備用のマウントラッチも無い。
一方、紙媒体の外伝『Δ ASTRAY』シリーズのストーリー、及びその後発売されたプラモデル『1/100マスターグレード ストライクE』付属解説書では、まず「GAT-X105Eストライクノワール」という固有の機種・機体は存在しないことになり、また同機がスウェン・カル・バヤン中尉の駆るストライクI.W.S.Pが自ら実戦でデータを得ていくことで改造製作されたワンメイクモデルであるという背景も無くなった。
そこではまず素体となるモビルスーツとして「ストライクE」が新たに創作され、「ストライクノワール」とは機体名ではなく、そのストライクEがノワールストライカーを装備した時の姿を指す呼び名であることになった。
「ノワール」の名を表す黒い機体色は、装備したストライカーに依拠したものとされ、それを装備しない機体本体(ストライクE)は黒色基調ではないものとして描かれている。また、ストライクEは複数存在しており、必ずしもバヤン中尉の乗ったストライク再製造機+I.W.S.Pの改造機ではなく、ファントムペインの複数のパイロットに「支給」されているものとされた。
さらに、ストライクEはノワールストライカーと一蓮托生ではなく別の装備も可能という設定であるため、元々のストライクノワールの設定には無かった腕部マウントラッチが存在し、コンバインドシールド等を装着できる。
それゆえプラモデル『1/100マスターグレード ストライクE』及びその金型共用で商品展開された『1/100マスターグレード ストライクノワール』の肘はカバー付きマウントラッチに変更され、ストライクノワールの設定画や『1/144ストライクノワール』とは構造が異なるものになった。
カバーを取り外すとマウントラッチがある、という構造なのだが、あくまでプラモデルの設計において既存設定との矛盾を解決すべく案出されたものであり、『Δ ASTRAY』等のストーリー中ではカバーを付けたり外したりしている描写は無く、無造作にシールドを肘に着脱している。

ルカス・オドネル専用機[編集]

『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』に登場。元ザフト軍脱走兵で現フジヤマ社預かりの連合軍MSパイロットルカス・オドネルが搭乗する機体。

I.W.S.P.の他、各種アナザートライアルストライカーを任務に応じて換装する。四肢制御の分散処理プログラムをルカスが改良したことで通常のストライクEに比べ機体性能が向上している。I.W.S.P.やアナザーストライカーを駆使し、ザフトと交戦。第4軍決起直前の交戦で左腕を破損。ルカスがライゴウに乗り換えたため、その後の行方は不明。

エミリオ・ブロデリック機&ダナ・スニップ機[編集]

電撃ホビーマガジン連載のフォトストーリー『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER PHANTOM PAIN REPORT』に登場。

アナザートライアル仕様の改修型ストライカーパックを実装した機体。ソード・ランチャー共に機能上は従来型と同等の装備だが、ストライクEに追加されたサブスラスターによって干渉する肩部追加武装を代替措置として別箇所に設置変更している。また装備時は機体のVPS装甲色も変化し、ソードは胸部等青部分がストライカーと同色のスカイブルー、ランチャーは全体色を緑基調にまとめた専用色となる。

フリージャーナリストのジェス・リブル、アグニス・ブラーエらマーシャン達が訪れたファントムペインの地下施設にて同ストライカーを装備した2機が放置されていたが、同行していた元ファントムペインメンバーのエミリオ・ブロデリック中尉とダナ・スニップ中尉の両名が突如逃亡し、同機で脱走を図る。しかし突然エミリオ搭乗のアナザートライアルソードストライカー装備機がシュベルトゲベールでダナ搭乗のアナザートライアルランチャーストライカー装備機を両断、そのままエミリオ機は投降する。

目次に戻る

ゲイルストライク[編集]

諸元
ゲイルストライク
Gale Strike
型式番号 LG-GAT-X105
全高 18.01m
重量 65.11t
装甲材質 フェイズシフト装甲
武装 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー×2
ウイングソー×2
57mm高エネルギービームライフル
シールドストライカー
(ビームサーベル×2)
(対ビームシールド)
搭乗者 ND-HE(エヌディ・ヒィ)

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』に登場。「ライブラリアン」がストライクを独自改修・再設計した機体。型式番号冒頭の「LG」は「ライブラリアン・ゲイル」の略で、「ゲイル」は英語で「疾風」を意味する。

搭乗しているパイロットのND-HEは叢雲劾の戦闘能力を付加されたカーボンヒューマンであるため、設計はそれに合わせた近接格闘に重点を置いており、各関節の駆動部分に新技術を導入することで徹底した運動性の強化を行っている。またこの改修により、オリジナルに比べ全高と重量が増している。

両肩にエールストライカーの推力偏向ブースターを移植しており、全方位への急激な加減速・旋回機動を可能とする。腰部にはウイングソーが新たに装備され、それに伴いアーマーシュナイダーは両前腕へと内蔵箇所が変化している。

なお、ライブラリアン製の強化型の機体はほぼ全機がストライカーシステムに対応しており[26]、機種間での装備の交換・混在が容易な設計となっている。

武装(ゲイル)[編集]

ウイングソー
gWww Bukakkexxx.com Ja Present Contact Views Bukakke Xxx ストライクガンダム - pediaq z 789ccom tWww Bukakkexxx.com Ja Present Contact Views Bukakke Xxx ストライクガンダム - pediao Women